令和2年10月1日より【キャリア福祉カレッジ 実務者研修】が一般教育訓練から 厚生労働大臣指定 専門実践教育訓練指定講座となりました。
□給付金対象コース:令和3年1月コースから

専門実践教育訓練給付制度とは
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定の割合額が支給される雇用保険の給付制度です。
支給対象者
○初めて支給を受ける場合
受講開始日前までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
※教育訓練給付金支給を希望の方は、受講前にお近くのハローワークにて『支給要件照会』有無をあらかじめ確認しておくことをおすすめします。
給付金について
教育訓練の受講修了後、教育訓練施設に支払った教育訓練経費授業料など)の50%(最大40万円/年間)が支給されます。さらに、受講修了後、介護福祉士資格を取得し受講修了後1年以内に一般被保険者として雇用された場合、教育訓練経費の20%が追加で支給されます。
(受講費用の最大70%が支給される。)

受講コース 指定番号 受講料(税込) 50%支給 20%支給 実質負担額
無資格 870192020010 120,000円 60,000円 24,000円 36,000円
初任者研修修了 870192020022 105,000円 52,500円 21,000円 31,500円
訪問介護2級修了 870192020035 105,000円 52,500円 21,000円 31,500円

ご利用の流れ

  • 受講前の手続きをする。
    受講開始日の1ヵ月前までにハローワークに必要書類を提出し、支給申請をします。
    「ジョブ・カード」(キャリアコンサルティングを受けて発行してもらいます。)の作成が必要となります。
    2週間ほど期日を要しますので余裕をもって行ってください。
  • キャリア福祉カレッジにて「実務者研修」受講手続き
  • 受講終了後1ヵ月以内にハローワークに支給申請をする。(申請書類はキャリア福祉カレッジにて準備します。)→受講料の50%支給
  • 介護福祉士に合格し、かつ就職している場合、ハローワークに必要書類を提出し支給申請をします。→受講料の20%支給