介護・福祉分野のお仕事へと新たな一歩を踏み出そうとする方、家族介護のため資格を目指される方。            キャリア福祉カレッジは全力でサポートいたします。

キャリア福祉カレッジとは

超高齢社会に向けて地域の介護ニーズに対し、適切な介護サービスを提供するために必要な知識・技術を習得し、心豊かに実践できる人材を養成することを目的とし、全力でサポートいたします。
mainbne1
初任者研修はホームヘルパー2級にかわる新しい講座で介護職の入門の資格となります。受講し資格を取得することで介護の知識・技術だけではなく高齢の方との接し方や介護・福祉の考え方なども学ぶことができ、就職に有利なだけでなく、高齢の利用者に対してよりよりサービス(支援)を提供することができるようになります。また、近年では家族介護のため取得される方が増えています。

mainbne2介護のプロ「介護福祉士」を目指す方へ

多様化する介護ニーズに対応した適切で質の高い介護サービスを提供するための資格です。
介護職員として働くうえで必要な介護過程の展開や応用介護技術等について学ぶことができ、介護の専門家として生涯働き続けるためのスキルを磨くことができます。また、介護の質的向上の観点より、平成28年度の「介護福祉士国家試験」の受験から、3年以上の実務経験に加え「実務者研修」の修了が義務づけられることになりました。

介護福祉士国家試験合格を目指すための模擬試験+直前対策のご案内

mainbne3
正式名称は「全身性障害者移動介護従事者」といい、全身性障害の理解を深め【移動】を支援するために必要な知識と技術を得られる資格です。 介護の現場では、主に「訪問介護員」が車いすの必要な利用者と外出援助をする際に必要な資格です。


正式名称「同行援護従業者」とは、視覚障がい者の外出援助を目的とした、障がい者自立支援法に基づく資格です。一般課程と応用課程の2種類があり、一般課程修了者は視覚障がい者の外出介助に従事でき、応用課程の修了者はサービス提供責任者になることができます。
mainbne4
介護を必要とする方、介護をする方の両方の立場を理解し、さまざまな福祉用具の中から、利用する方の状態や障害の度合いに応じて福祉用具を選定する大変重要な仕事です。ご利用者様の生活の幅を広げ、生活の質の向上を担う専門職として注目されています。また、福祉用具貸与事務所には、必ず2名以上の福祉用具相談員を配置することが定められているため、需要がますます高まっています。

News & Topics

平成30年度同行援護研修 (一般課程・応用課程)募集のご案内

平成30年度 同行援護従業者養成研修【一般課程・応用課程】募集要項       …

平成30年度ガイドヘルパー(全身性コース)募集開始!

平成30年度ガイドヘルパー募集要項【PDF】

平成30年度《実務者研修募集要項公開》!

平成30年度実務者研修 募集案内

PAGETOP
Copyright © キャリア福祉カレッジ All Rights Reserved.